Okinawa Prefecture Local Guide Biz

Okinawa Prefecture Local Guide Biz

Okinawa Prefecture Local Guide Biz is a website that introduces information about Okinawa Prefecture in a directory format. This site provides information about restaurants, stores, companies, organizations, exhibitions events, famous sightseeing spots, demonstration experiments. It is an information site that supports the Okinawa’s local community by providing information. Now, we are looking for volunteers to work with us! 日本語は こちらで です。

Population

Okinawa Prefecture, the westernmost prefecture, is the prefecture with the smallest area next to Kagawa Prefecture, Osaka Prefecture, and Tokyo Prefecture. However, the population continues to grow every year (approximately 1,453,000 in 2019), and the birth rate has been ranked first in Japan since 1974. 90% of the population lives on the main island of Okinawa, especially in the central and southern areas around Naha City. Among the 41 municipalities, Naha has the largest population, followed by Okinawa and Uruma.

GDP

Okinawa’s GDP is approximately 4,334,369 million yen in real terms, ranking 33rd among the 47 prefectures (2018), and has been on an upward trend since 2014. In terms of industrial structure, primary industries (agriculture, fisheries) account for 4.0%, secondary industries (mining, manufacturing, construction) account for 14.9%, and tertiary industries account for 79.2%. 15.7% for industry and 15.0% for wholesale and retail.

Tourism

In terms of tourism in Okinawa Prefecture, the amount spent by Japanese on a trip to Okinawa is the highest of the 47 prefectures, at approximately 69,000 yen per person. It is a popular place to visit. The number of tourists has also continued to increase since 2012, reaching 10.29 million in 2019, surpassing 10 million for the first time in a calendar year.
Source: Population, GDP and Tourism

Contents Zone

Coming Soon

SDGs

10代の若者を中心にSDGsの認知度が高い沖縄県、県の施策と連動展開

沖縄県は2019年11月29日に沖縄県SDGs推進本部が設置され、同日に推進方針の目的とビジョン、方向性などが含まれる「沖縄県SDGs推進方針」が決定しました。取り組みについては、2010年3月に策定した「沖縄21世紀ビジョン」を元に、SDGsと重なる要素を重層的に展開しています。このビジョンの基本施策には次の5つの将来像を掲げられ、1. 沖縄らしい自然と歴史、伝統、文化を大切にする島、2. 心豊かで、安全・安心に暮らせる島、3. 希望と活力にあふれる豊かな島、4. 世界に開かれた交流と共生の島、5. 多様な能力を発揮し、未来を拓く島、のそれぞれに、SDGsの各種目標と合致するゴールが設定されています。

沖縄県は県民の SDGs に対する取組状況を把握し、今後の展開に役立てることを目的に、県民を対象としたSDGsの認知度調査を実施しています。SDGsの言葉についての認知は10代の年齢層が最も高い 52.1% ( 「はい:38.0%」「なんとなく聞いた事がある:14.1%」) でした。また沖縄県はSDGsの特設ページ (SDGs OKINAWA) を立上げ、関連イベントの告知や取組みの紹介、取り組みに賛同するビジネスパートナーの募集などを発信し、SDGsの認知度向上や活動の推進に取り組んでいます。

沖縄でSDGs未来都市に選ばれた市町村

沖縄県は2021年度に 内閣府 の「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」のダブルで選定されました。その他の県内では、サンゴを中心とした自然環境にやさしい地域づくりの取り組み (サンゴの村宣言) を行っている 恩納村 (おんなそん) が県内初となる2019年度にSDGs未来都市と自治体SDGsモデル事業に選定。2020年度には、地域の社会課題をSDGsと関連させ解決していく石垣SDGsプラットフォームを展開する 石垣市 がSDGs未来都市と自治体SDGsモデル事業に選定されています。

SDGs未来都市とは、SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域を政府が選定するもので、2018年度から始まっています。また自治体SDGsモデル事業は、SDGs未来都市の中で先導的な取組を行っている自治体の事業が選定されます。

沖縄県のSDGs活動!イベントとSDGsに貢献している企業

SDGs (Sustainable Development Goals)

おきなわSDGsパートナー

沖縄県はSDGsの普及啓発の取り組みの1つ、「おきなわSDGsパートナー」プロジェクトを展開しています。SDGs の達成に向けた取組を行っている県内の企業・団体がパートナー登録の対象となり、2021年7月28日時点で200社がこの「おきなわSDGsパートナー」として登録されています。

登録された企業・団体は、県のウェブサイトで一覧として掲載され、SDGsへの具体的な取組内容が関連するゴールと共に紹介されます。

Supporter / Sponsors
Top