Kanagawa Prefecture Local Guide Biz

Kanagawa Prefecture Local Guide Biz

Kanagawa Prefecture Local Guide Biz is a website that introduces information about Kanagawa Prefecture in a directory format. This site provides information about restaurants, stores, companies, organizations, exhibitions events, famous sightseeing spots, demonstration experiments. It is an information site that supports the Kanagawa’s local community by providing information. Now, we are looking for volunteers to work with us!

Kanagawa Prefecture has a population of 9.2 million (2020), it is the 2nd largest prefecture in Japan (Tokyo is the 1st). Kanagawa is the only prefecture in Japan that have three ordinance-designated cities (Yokohama, Kawasaki, and Sagamihara). Kanagawa Prefecture has many natures, but in other hand, it is located in the Tokyo metropolitan area and has international trading ports such as Yokohama, Kawasaki, and Yokosuka, and it is beside to Tokyo International Airport (Haneda Airport).

The gross prefectural product in 2018 was 35.7171 trillion yen, which is equivalent to the economy of the Philippines or Finland. In the Kanagawa Prefecture, approximately 790,000 commutes to Tokyo and other prefectures. Because of it, the nominal gross prefectural income (= nominal gross prefectural product) exceeds the nominal gross prefectural product by approximately 6.6 trillion yen.

According to the results of the 2016 Economic Census Activity Survey, Kanagawa Prefecture has 287,942 business establishments (5.4% of the Japan, 4th in Japan) and 199,200 companies (5.2% of the Japan, 4th in Japan). In terms of percentage compared to the other country, there are many establishments of the “real estate and goods leasing” and “education and learning support” sectors, and the number of employees is getting larger in the “academic research, professional and technical services” and “information and communication”.

Contents Zone

SDGs

Realize a “Magnetic Prefecture of Kanagawa that Makes the People’s Lives Sparkle” by involving SDGs

Under the slogan of “Kanagawa, the Magnet for Life,” Kanagawa Prefecture has been ensuring safety and security of the environment, energy, and agriculture, in order to brighten the lives of its citizens and all aspects of “life”. (not only in medical care)

They have been developing comprehensive measures to maintain their business in a sustainable manner for the future. Also they are promoting measures in line with the Sustainable Development Goals (SDGs), which were adopted at the United Nations Summit in 2015.

With the aim of promoting the SDGs in cooperation with all stakeholders, including municipalities, companies, universities, NPOs, and citizens, Kanagawa Prefecture has created the “Kanagawa SDGs Action Policy”, which provides examples of SDG-related measures, their roles, and efforts to promote them. In June 2018, Kanagawa Prefecture was selected as one of the prefecture that is “SDGs Future Cities” and “Municipal SDGs Model Projects” in recognition of its advanced initiatives.

Yokohama City, Kamakura City, and Odawara City were selected as “Autonomous SDGs Model Projects”, and Kawasaki City and Sagamihara City were selected as “SDGs Future Cities” by Japan (Secretariat for Regional Development Promotion, Cabinet Office).

SDGs activities in Kanagawa Prefecture!
Check out SDGs related events and companies contributing to the SDGs!

SDGs (Sustainable Development Goals)

On January 30, 2019, Kanagawa Prefecture announced the “SDGs Japan Model” declaration with the endorsement of 93 municipalities at the “SDGs National Forum 2019” held jointly with Yokohama City and Kamakura City and with the cooperation of other SDG future cities.

This declaration expresses the idea and determination of local governments to promote the SDGs from the local level in cooperation with the national government, companies, organizations, schools, research institutes, and residents, aiming to solve local issues and create local communities.

Aeon Tennocho Shopping Center

A “lifestyle experience” shopping center with 42 specialty stores opens in Yokohama City

mapMarkerGrey 3-5 Kawabecho, Hodogaya Ward, ...

Kanagawa promote various industrial projects with considering the 17 elements of SDGs

Startup & Venture Capital

The Kanagawa “KSAP”, a program that invites and selects startups that can solve social problems and issues that are difficult to solve through business, and supports the realization of social value and business expansion of the startups by mentoring and network support.

No Listings Found

Product Development Story

Sorry, no posts matched your criteria

Computer & Software

Technological advances such as AI & IoT are creating innovative digital products and services and the generation, collection, and accumulation of various data. Kanagawa is actively working on the utilization of various data from the two aspects of “informatization of life” and “informatization of administration”.

No Listings Found

IT, AI, IoT Events

Medical & Nursing Care

For health care, Kanagawa Prefecture is promoting a “health care new frontier” policy that combines the two approaches “pursuing the latest medical treatment and technology” and “improving pre-disease conditions” to extend healthy life and create a new sustainable social system.

No Listings Found

Medical & Nursing Care Events

Tourism & Attraction

In order to promote the attraction of Japan and foreign tourists to Kanagawa and revitalize the local economy, the Kanagawa Sightseeing Charm Creation Conference has been established with the aim of discovering and refining the prefecture’s diverse tourism resources and developing tour routes.

Pacifico Yokohama

One of the world's largest MICE complexes, has a record of hosting international conferences

cat-icon 1-1-1 Minato Mirai, Nishi Ward, Yokohama City, Kanagawa Prefecture 220-0012

Tourism Information

Robot & Robotics

Kanagawa Prefecture established the Sagami Robot Industry Zone in 2013. This zone is to promote the development and demonstration of robots, raise public awareness, and encourage the integration of related industries. The target areas are 12 cities and towns including Sagamihara City, Hiratsuka City, Fujisawa City, Chigasaki City, and Atsugi City.

No Listings Found

Robot & Robotics Events

Energy / Recycling

In 2014, Kanagawa Prefecture formulated the Kanagawa Smart Energy Plan and it is working to expand the introduction of renewable energy. It aims to create a smart community by promoting energy creation, energy saving, and energy storage, and these are formed by utilizing ICT and other technologies in energy management systems (EMS).

No Listings Found

Energy / Recycling Events

Smart City Icon

Promoting local production and local consumption of energy to create a smart community in Kanagawa Prefecture

Kanagawa Prefecture is promoting an EMS (Energy Management System) service demonstration project to address local issues by working on the installation of distributed power sources such as solar power generation equipment with the aim of creating a smart community.

Various experiments are also being conducted in other cities in the prefecture, including the Yokohama Smart City Project and Fujisawa Sustainable Smart Town (Fujisawa SST) in Fujisawa City, which are developing from experiments to implementations.

Fujisawa Sustainable Smart Town

Fujisawa Sustainable Smart Town ( Fujisawa SST ), located in Fujisawa City, Kanagawa Prefecture, is a public-private partnership between Fujisawa City and partner companies that are promoting advanced approaches to low-carbon urban development and the creation of new lifestyles using advanced technologies, using the Panasonic (formerly Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.) Group’s former factory site as a base for environmentally creative town development.

As a smart town where 1,000 families continue to live, we have realized urban development is not based on technological infrastructure, instead of it, it is based on the lifestyle of each and every resident. The town management company listens to the voices of the citizens, incorporates new services and technologies, and continues to develop into a sustainable town.

Smart City Related Clips In The Kanto Region
コントローラーの説明
If you want to see the related clips, click or tap the playlist icon displayed at the top of the clip screen and find for your favorite clip.

Information on city development in Kanagawa and the Kanto area, including smart cities and regional revitalization

Information about community development projects in which companies, organizations, and institutions in Kanagawa and the Kanto area are participating.

神奈川県 の経済を支えるものづくり企業

神奈川県 は、国が主導し国・地方・民間が一体となって進める東京圏の国家戦略特区に含まれ、また京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区、さがみロボット産業特区などにより、最先端医療産業や未病産業、ロボット関連産業などの成長産業の創出・育成を推進させ、県内産業の活性化と持続可能な県内経済をつくるさまざまなプロジェクトが進行しています。

No Listings Found

ものづくりの見本市 テクニカルショウヨコハマ

テクニカルショウヨコハマは、毎年2月に パシフィコ横浜 会場にて3日間にわたり開催される 神奈川県 下最大級の工業技術・製品に関するものづくりの総合見本市です。出展企業・団体は800を超え他県からも多く出展されます。

2021年で第42回目を迎えた今回は、初となるオンラインでの展示会となり、2月15日(月曜日)から26日(金曜日)の約2週間の開催となりました。対面の展示会と同様、業界の枠を超えた情報の発信、収集、交流を広範囲に展開でき、技術・製品の販路拡大などビジネスチャンスを創出しています。会期終了後もウェブサイトは継続して公開しています。

企業支援、コンサルティング企業、団体・機関

神奈川県 内でビジネス展開・起業およびオフィス環境提供のサービスやサポート、さまざまな支援を行っている各種協会、団体、支援企業。

No Listings Found

神奈川県 の強みを生かした国際展開と、国際展開を支える人・ネットワークづくり、多文化共生社会づくり

社会・経済のグローバル化が加速する中、神奈川でくらす外国籍県民等や海外進出している県内企業は増加しており、神奈川と世界との結びつきはますます強まっています。 産業の国際競争力の強化やインバウンド消費の向上、外国人材の育成・活躍支援などにより県内経済を活性化していくこと目指し、企業の海外展開支援や外国企業の誘致などに取り組んでいます。

さまざまな分野における神奈川の魅力や先進的な取組みを世界に強力に発信し、神奈川の強みを生かした積極的な国際展開を推進するとともに、神奈川と交流相手先の国・地域などの双方にとって、メリットのある交流を戦略的に進めます。 グローバル化に対応した人づくりや海外とのネットワークづくりを促進することで、神奈川の地域や経済の活性化につなげます。

神奈川県 と友好交流関係にある世界の各地域

2021年2月現在、神奈川県 は世界8の都市 (メリーランド州・米国、遼寧省・中国、バーデンビュルテンベルク州・ドイツ、京畿道・韓国、オデッサ州・ウクライナ、ペナン州・マレーシア、ヴェストラジョータランド県・スウェーデン、ゴールドコースト市・オーストラリア) と友好交流関係にあり、相互の経済発展や観光振興など地域の発展を促す交流など多様な分野において実効性ある交流を推進しています。

アメリカ メリーランド州

メリーランド州は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に隣接し、大西洋に面した白い砂浜や西部に連なる山脈があるなど自然環境に恵まれています。 アメリカ有数の国際貿易港であるボルチモア港をかかえ、ハイテク産業や重化学工業が盛んで、政府・企業の研究開発機関が数多くあります。 メリーランド州は、産業構造をはじめ、地理、気候、人々のくらしぶりなどが多様性に富むことから、「アメリカの縮図」といわれています。

1981年に当時の長洲知事とハリー・ヒューズ知事との間でメリーランド州アナポリスにおいて県州友好提携調印がされました。最近では、2019年7月に黒岩知事が米国を訪問した際、メリーランド州ホーガン知事を訪問。ライフサイエンス分野に関する覚書を締結しました(2014年に締結した覚書の更新)。

This video is created by Visit The USA

ドイツ バーデン=ビュルテンベルク州

バーデン=ビュルテンベルク州(B-W州)は、ドイツ(ドイツ連邦共和国)の南西に位置し、西はフランス、南はスイスと接しています。州内には、ドイツ最大の内海であるボーデン湖、黒い森や温泉地バーデン-バーデンなどがあるほか、ホーエンツォレルン城などの古城や中世の古い街並みが多く残っています。バーデン=ビュルテンベルク州は、工業が盛んで、特に自動車産業が有名です。

1983年にバーデン=ビュルテンベルク州経済大臣一行が来県し、シュペート州首相の親書が長洲知事に届けられ、交流が始まりました。6年間の交流を経て1989年9月、シュペート州首相が来県した際、友好関係の公式化の申し入れがあり、同年11月神奈川県友好代表団(長洲知事等)をB-W州に派遣し、友好提携を締結。

This video is created by RegierungBW

ウクライナ オデッサ州

オデッサ州はウクライナの南西部に位置し黒海に面している州で、主要な工業は機械製造、食品工業、軽工業。第1次産業としては小麦、トウモロコシ、テンサイ、ブドウの栽培、牛や豚の飼育、黒海での漁業が盛んです。観光都市としては州都オデッサ市のほか、ヴィルコヴォ市、イズマイル市等があり、ビールホロド要塞、オデッサ港町、ドナウ川河口国立公園などは観光名所です。

交流のきっかけは、1979年オデッサ州労評代表団が来県し長洲知事を訪問したことから交流が始まり、1986年、長洲知事がオデッサ州を訪問し友好交流の発展に関する共同声明に調印を行いました。共同声明では、両県州の友好ならびに相互理解に関する合意と世界平和への各々の寄与をうたっています。

This video is created by Visit Odessa

スウェーデン ヴェストラジョータランド県

スウェーデンの南西に位置するヴェストラジョータランド県は、カテガット海峡に面し海峡を隔ててデンマークに面しています。県庁所在地はスウェーデン第二の都市イェーテボリ(Gothenburg)を擁するイェーテボリ市。ストックホルム、コペンハーゲン、オスロを結ぶ重要な位置を占め、造船、海運、商工業などが盛んで、Volvo社、SKF社、Hasselblad社など有名企業がイェーテボリに本社を置いています。

1977年、長洲県知事がスウェーデンを訪問し、日本大使館において民際外交の趣旨を説明したところ在スウェーデン大使が共鳴、エリック・フス エーテボリブーフス県知事に対する仲介を得ました。1978年にフス県知事が来県。これが契機となり交流が始まりました。

This video is created by West Sweden / Västsverige

神奈川県 の農林水産物のブランド力の強化を図る

神奈川県 内産農林水産物のブランド力を高めるため、かながわブランドや、県内産の農林水産物を積極的に取り扱う販売店や飲食店などの「かながわブランドサポート店」の登録を推進し認知度向上を図っています。また県内で生産された食材(農林水産物)を県内で消費する地産地消の活動にも力を入れ、地元の生産者と消費者の繋がりを作る事で地域の活性化にもつながっています。

No Listings Found

神奈川ブランドの畜産・水産そして銘菓

かながわの魚

神奈川県 は東京湾と相模湾の2つの海に面していてさまざまな水産物が水揚げされます。県は認知度を高める為に、県内で獲れる代表的な魚を11種類(マダイ、アナゴ、シャコ、マダコ、キンメダイ、サバ、マグロ、アジ、シラス、ヒラメ、アユ)選び「かながわの魚」として定めました。また、代表的な水産加工品は、かながわの海苔、三浦のわかめ、横須賀のこんぶ、まぐろ・かじき加工品、小田原かまぼこ、などがあります。

神奈川の畜産ブランド

畜産物では、神奈川県 の系統豚を活用し、高品質な豚肉、加工品や、県が品種改良した系統豚など特徴ある豚肉あります。また、黒毛和種の生粋かながわ牛、足柄牛、さがみ牛、湘南和牛などのは神奈川県の代表牛です。その他にも神奈川県畜産技術センターで開発された「かながわ鶏」は、かみしめるほど味わい深いモモ肉で、ジューシーなムネ肉、旨みの凝縮された皮、コクのあるスープと評判です。

神奈川県指定銘菓

神奈川県 には指定銘菓制度があり、県内で味・意匠・技術等が特に優れた菓子を県指定銘菓とし、県内菓子業界の振興並びに県内の観光・物産振興に努め、2年に1度、「神奈川県名菓菓子コンクール」を実施しています。

デザイン力・素材・技術力であらたなファッションを生み出す

神奈川県 のアパレル産業で代用的な製品と言えば横浜スカーフはその1つです。横浜市の地場産業として生産されてきたシルク製のスカーフで、世界最高水準の製版、染色、縫製の技術で作られ1976年には日本国内生産量の90%、世界生産量の50%を横浜スカーフが占めていました。また再び注目を浴びている神奈川・横浜のアパレル製品です。

No Listings Found

抑えておきたい 神奈川県 内のショップ、レストラン・カフェ、名所

飲食、ショッピング、アクティビティーなどが楽しめて、ホテルが隣接している複合型商業施設などが人気。また地元の個性を生かした昔ながらの商店街も活気を見せています。TVドラマやアニメで話題となったスポット巡り、名湯巡りも旅行には欠かせません。

Aeon Tennocho Shopping Center

A “lifestyle experience” shopping center with 42 specialty stores opens in Yokohama City

mapMarkerGrey 3-5 Kawabecho, Hodogaya Ward, ...

コロナ終息後に旅行したい国・地域に外国人は日本を1位と2位に選ぶ

日本交通公社 政策投資銀行が2020年6月に実施した調査によると、コロナ終息後に旅行したい国・地域で、アジア居住者は1位に日本をあげ、欧米豪移住者は1位米国の次に日本をあげています。日本は海外から魅力的な国として伝わっていることがうかがえます。過去に東日本大震災(2011年)、MERS(2012)といった危機がありましたが、それまで訪日外国人旅行者数は年間1千万人未満(2004~2012年)だったのが、2012年以降に急激な伸びを見せ2019年には約3,100万にとなっています。

神奈川県 では、新型コロナウイルスの感染防止対策をしながら、安心して旅行を楽しんでいただくため、「感染しない!させない!旅行者のための感染防止サポートブック」を作成するとともに、「観光かながわNOW」において、「混雑状況の見える化」を行っています。

お洒落なホテル、温泉街には雰囲気漂う旅館など、おもてなしのひと時をお過ごしください

No Listings Found

山や海の自然、歴史文化、産業遺産などいっぱい!

年間を通して多くの観光客を惹きつける神奈川県。2017年から国内外から県を訪れる観光客数は2億人を突破し、訪日外客数では2012年以降ずっと上昇傾向(コロナ期間除く)。横浜は19世紀の文明開化の礎を代表する港町で、みなとみらいエリアやチャイナタウンなど、国際色豊かな味わいがあり訪れる人を魅了します。

歴史探索を楽しむには、800年前に武家によって築かれた日本の最初の首都、鎌倉があり、戦国武将によって開発された古い城下町、小田原も。外国人にも人気の温泉リゾートである箱根と湯河原では、自然の恵みの中で癒しのひとときを体験することができます。歴史、文化、自然、と神奈川には豊富な観光スポットがあります。

大学の高度な研究能力と企業の開発技術を連携させ課題に取り組む

産学官連携による共同研究強化を進める事が、さまざまな課題に対応でき、地域の振興を加速させる

神奈川R&Dネットワーク構想

神奈川県では「インベスト神奈川」による世界トップレベルの研究所の立地・集積を県内中小企業の技術力、競争力の向上につなげ、「世界をリードする新たな産業の展開」を図るため、「神奈川R&Dネットワーク構想」を推進しています。

世界トップレベルの大企業、技術力のある中小企業、理工系大学、公的試験研究機関の立地・集積を生かし、神奈川の産学公技術連携を促進することで、高付加価値型産業の創出を目指します。現在、県と26機関が「神奈川R&D推進協議会」を組織し、神奈川R&Dネットワーク構想を推進しています。

神奈川・関東エリアでの実証実験・研究 関連レポート

関東エリアで行われている実証実験や関東の企業が参画する実証実験を紹介します

Supporter / Sponsors
Top